新着情報
こんなことがありました。

日誌

ふるさと下郷町の自然を調べたよ

 本校の4年生は、森林環境学習の一環として、総合の時間を活用し、下郷町の自然のよさについて学んでいます。

 22日(月)は、星周一先生を講師として招聘し、桑取火(くわとび)地区に群生する「かたくり」の観察や、これから多くの人でにぎわう戸赤の山桜、県指定天然記念物である八幡(中山)の大けやきを見学してきました。

 最初の見学地は、「かたくり」の里と称される桑取火地区の群生地でした。周一先生より、「かたくり」とは、ユリ科の植物で、花びらが下向きで、小さい赤紫っぽいかわいい花が咲くことを教えてもらいました。白い花が稀に咲くことや、7年かけて球根に栄養をためて8年目に花が咲くことなど教えてもらいました。他にも、「かたくり」の名前のとおり、球根は良質のデンプンを含み、片栗粉の材料になることも教えてもらいました。子どもたちは、たくさん教えてもらったことを熱心に学習カードにメモするなど、夢中になって活動していました。

 続いて戸赤へ移動しました。残念ながら、これから大型連休後半ぐらいが見どころということで、桜は咲いていませんでした。戸赤地区の人たちが、昔から守り続けてきた山一面に、山桜が点々と咲く頃は、すごくきれいだということを教えてもらいました。

 戸赤を後にした4年生は、中山にある八幡の大けやきへ行きました。近づくにつれて、けやきの巨大さが分かりました。話によると、樹齢は950年以上で、幹の太さは12mあまりで、高さも36m近くあるということでした。みんなで手をつないで比べてみて、いかに大きいかが分かりました。そして、けやきの樹形は、すごくいい形をしていて県内屈指で見事なものであることも教えてもらいました。

 最後に、大けやきと両方立ち寄ると長生きするという「長寿の水」があるところへ行きました。一口飲むと3年、2口飲むと10年長生きするとされる水を飲んできました。高倉山から湧き出る湧き水で、とても冷たかったです。

 この日は、下郷町の自然の魅力をたくさん発見し、たくさんのことを学ぶことができた素敵な学習となりました。子どもたちの感想からも、人々の生活と森林の植生や事前の素晴らしさ・豊かさを感じた発表がありました。

 今週末の27日(土)~28日(日)は、かたくり祭りが開催されるそうです。そして大型連休後半は、戸赤の山桜も満開になるということですので、ぜひ一度出かけてみたいものです。

 

0

電気柵設置

 昨年7月4日に、本校すぐ脇の前山に熊が出没し、その後すぐに、熊や猿などの侵入を防ぐ電気柵が設置されていました。冬期間はずされていた電気柵が、再度設置されました。

 本校の前山は、理科や生活科の学習、総合の学習、森林学習等で散策を行う活動が多いですので、子どもたちの安全面には十分に配慮して教育活動を進めてまいりたいと思います。

0

運動会へ向けて・・・鼓笛パレード・・・

 新学期がスタートして2週目を終えようとしています。

 各学年、来月下旬に行われる運動会へ向けて、様々な活動が少しずつ動き出しています。体育科では、校庭を走って紅白を決める準備をしたり、よさこいの動きの確認・練習をしたりと始まっています。

 19日(金)は、3年以上の74名が体育館に集合し、オリエンテーションが行われました。

 運動会へ向けて、みんなの気持ちを一つにするお話があり、背筋を伸ばして話を聞く子どもたちの姿がありました。

 全体での話の後、パートごとに分かれ、担当の先生よりお話を聞きました。やる気に満ち溢れた表情からは、「鼓笛」という本校の歴史と伝統を受け継ぐ、一人一人の思いや願いが感じられ、大変うれしくなりました。

0

全校生が一つになって・・・1年生を迎える会・・・

 入学してから8日目となる17日(水)、1年生を迎える会が行われました。

 この日へ向けて、特大の招待状や体育館の壁飾りづくりなど、各学年が分担して準備を進めてくれたので、温かい雰囲気の中で会がスタートしました。

 お兄さんやお姉さんたちと手をつないで、花のアーチをくぐって入場してきた1年生の表情は、とてもうれしそうでした。代表児童による「歓迎の言葉」やジャンケン列車、○×クイズなどで会を盛り上げ、全校生が一体となって1年生を歓迎しました。

 1年生に楽しんでもらおう、喜んでもらおうという気持ちが体育館いっぱいに広がり、楢原小の魅力を再確認できた素敵な時間となりました。

0

自分の命は自分で守る・・・交通教室・・・ 

 新学期がスタートし、1週間が過ぎました。新しい学年、新しい担任、新しい環境にも慣れ、楢原小はさらに活気が出てきました。

 新年度の始まりは、毎日のように諸活動があります。今日16日(火)は、交通教室が行われました。1・2年生は、学校周辺の通学路を使って、歩道の歩き方、横断歩道の渡り方を確認しながら、大事なポイントを学習しました。3年生以上は、実際の道路や踏切を使いながら、正しい自転車の乗り方を学習しました。

 交通教室では、楢原駐在所の方から、交通事故に遭わないために、みんなにしてほしいことや約束をお話いただきました。また、自転車は車と同じだから、正しい自転車の乗り方をきちんと学んでほしいというお話がありました。

 他にも、道路を横断する時には左右を確認すること。止まっている車の近くからは道路を横断しないこと。自転車に乗る時はヘルメットをかぶること。車に乗ったら、シートベルトを締めること。などなど、命を守るために自分たちができることの話がありました。

 6年生には、「家庭の安全推進委員」の委嘱状が手渡され、代表児童が「交通安全のちかいのことば」を発表しました。

 今年度、春の全国交通安全運動は、5/11日(土)~20日(月)までの10日間となっています。春のスローガンは、「とび出さない いったんとまって みぎひだり」です。運動期間はまだ先ですが、

 この運動期間だけでなく、子どもたちに意識付けさせたいことだと考えます。

 学校で一番大切なもの・・・・・、それは、子どもたちの命です。安全・安心な学校づくりのために、今後も学校教育活動全体を通して、「自分の命は自分で守る」が、子どもたちに身に付くように取り組んでいきます。

0

今年度初めての麺の給食は、味噌ラーメンでしたぁ。

 今日16日(火)は、今年度最初の「麺」の献立でした。

 麺は、南会津町の麺工房でつくられたものですが、スープは町共同調理場で、さば節でだしを取って、たくさんの具を入れた手作りのものでした。麺がみそスープに絡み、至福の一品でした。

 また今日は、町共同調理場で手作りされたクッキーが出されました。ごまとアーモンド香りがサクッとした触感のクッキーにとじこめられ、とてもおいしかったです。

 今日の給食時間、各教室を除くと、子どもたちはおいしそうな表情で、教室が幸せいっぱいの雰囲気に包まれていました。

0

みんなの歯の様子を見てもらいました

 発育測定や歯科検診など、学校検診の目的は、子どもたちが正常な発育をしているか、健康かどうかを検査して、もし何かあったら早めに適切な対応をしてもらい、健康管理していくためのものです。

 さらに、子どもたち自身が自らの健康状態を知り、健康の大切さを理解して、さらに健康になってもらう方法を自ら考えたり実践したりするという「健康教育の一環」としても大切な役目もあります。
 今日16日(火)に行われた歯科検診では、87名の子どもたちの歯の健康状態を見ていただきました。

 いつまでもおいしいものを食べ続け、健康でいられるためには、歯の健康は欠かせません。そのためには、むし歯をなくし、日々のブラッシングが大切です。

 後日、検査結果が渡されますので、治療が必要な場合は早めに歯医者に行くようにしたいものです。

0

保護者の皆様との出会い

 授業参観後に行われましたPTA総会や学年懇談会にも多くの方にご出席いただき、本校のよさがまた一つ見えました。お子さんの成長や頑張りを共有できるよい時間となりましたことに感謝申し上げます。ありがとうございました。

 保護者の皆様との今日の出会いを大切に、これからも積極的に情報を発信し、保護者や地域の声を聞き、協力を得ながら連携・強化を図り、開かれた特色ある学校づくりを教職員一丸となって進めていきます。

0

今年度最初の授業参観が行われました。

 13日(土)、今年度最初の授業参観が行われました。

 担任の先生と出会い、6日目の子どもたちでしたが、一人一人の笑顔、元気あふれる声、生き生きと発表する授業、真剣に課題に取り組む授業、自分ならどうするのかと考え議論する授業など、学年に応じた参観授業に、お子さんの成長を感じたことと思います。

 そして、担任の先生の情熱あふれる授業に、お家の方もご安心なさったことと思います。 

 子どもたちの真剣なまなざしは、とても素敵だというのを再確認することができました。子どもたちと担任の先生方のがんばりに拍手です! パチパチ! 

 

0

通学路の安全点検を行いました

 12日(金)、本校では、通学路の安全点検と「子ども避難の家」の確認を、各地区の保護者の方にご協力いただき行いました。

 この学習・活動は、先日の避難訓練に引き続き、「自分の命は自分で守る」という、とても大切な学習です。登下校の時の安全な歩き方を、もう一度確認すること。その際、通学路の安全を確認しながら、事故やけがなどなく、毎日元気に登校できるようにしようというねらいがあります。

 そしてもう一つ、万が一不審者に出逢ってしまった時など、いつでも駆け込んで助けを求めることができるように、「子ども避難の家」の場所を、地区の方と先生方と一緒にあいさつをして回り、みんなの顔を覚えてもらうとともに、子どもたちにも、その「子ども避難の家」の場所を知ってもらうことも大きなねらいになっています。

 一斉下校による出発に先立ち、校長先生より「感謝の心」「危機感を感じる目」の2つのアイテムをもって学習に参加してほしいというお話がありました。

 地区ごとに出発した子どもたち、校長先生のお話を意識し、感謝の心をもって「子ども避難の家」の方々にあいさつができていました。

 今年度も、子どもたちが笑顔いっぱい元気いっぱい登校できるように、安全・安心な学校経営に努めてまいります。今後も各地域での見守り等、よろしくお願いします。

0