こんなことがありました。

日誌

紅白リレー練習

 昼休み時間には、上学年(4~6年)と下学年(1~3年)に分かれて、紅白リレーの練習が行われていました。

 この日は、朝から応援合戦や全体練習が合ってへとへとなのにもかかわらず、本番さながら、一人一人が一生懸命に力走していました。

 今日の全校生、みんな素晴らしいです。この運動会へ向けた練習を通して、たくさんのことを学んでいるようです。やり終えた時、また一回り大きく成長した自分に出会えるに違いありません。

 

0

応援合戦の練習

 運動会には、みんなの心が一つになって初めて勝利を勝ち取ることができる競技がたくさんあります。その中の一つに「応援合戦」があります。

 「応援合戦」は、単なる声の張り上げ合戦ではありません。「勝つこと」を目標に、声や体の動きを集団で合わせ、表現することを通して、楢原小学校の一人だという自覚と誇りをもつ競技でもあります。

 17日(金)は、朝からの練習でしたが、一人一人の声に運動会にかける気持ちがつまっていました。力強くて迫力のある87名の応援が、校舎と前山にこだまし、最高の応援合戦でした。子どもたちがとっても輝いて見えました。

 運動会まであと1週間、一つ一つの動きに一生懸命さが感じられており、当日はどちらが勝利するのか楽しみです。

 

0

運動会練習 …綱引き編…

 17日(金)は、第2回運動会全体練習が行われました。

 今回は、綱引きと応援合戦の練習をしました。入場や引く場所の入れ替えの動き、綱の引き方、そして勝ち旗もらい方など、太鼓と笛の合図で動けるように練習を行いました。

 「よいしょ。よいしょ。」の大きなかけ声に、綱を引く子どもたちの応援の声がさらに大きくなり、とっても見ごたえのある綱引きに出来上がっていました。

 綱引きは、みんなで力を合わせて綱を引くことで、チームの絆・団結力が高まります。その上、勝つことができれば、その後の応援や競技がさらに盛り上がること間違いなしの種目でもあります。

 当日、男女それぞれ、どちらの組が勝利を勝ち取ることができるのか楽しみです。

0

篠笛と太鼓の練習に磨きをかける!

 全校生による「下郷甚句」の練習の後、5・6年生は、篠笛と和太鼓の演奏にさらに磨きをかけようと頑張っていました。

 練習を始める前に、大川渓流太鼓保存会の岩澤さんより、演奏にかける想いを聞きました。子どもたちは、真剣に耳を傾け、「下郷甚句を楽しみにしている人のために」「踊ってくれる人のために」「みんなのために」という気持ちを感じ取ったようでした。それが、和気合い合いとした笑顔あふれる練習の中にも、演奏する際の真剣な姿勢からうかがえました。

 

 3か月ぶりの篠笛の演奏は、最初は音を出すことが難しかったようですが、熱心な指導と6年生の頑張りで、音が出せるようなっていきました。5年生は、4台の和太鼓を全員が交替でばちを持ってたたき、「よ~いとしょ」のかけ声を入れながら、甚句独特のリズムを、自ら楽しんで演奏することができていました。

 当日は、きっと素敵な時間になることと思います。大川渓流太鼓保存会の皆様には、どんなことにも興味をもち挑戦していくことの大切さも教えていただきました。ありがとうございました。

0

運動会練習 ……下郷甚句編…

 16日(木)、「大川渓流太鼓保存会」や「下郷甚句保存会」の方々を講師としてお招きして、運動会へ向けた「下郷甚句」の練習が行われました。

 お祭りで踊られている盆踊りは、他校でも行っているところがありますが、本校の盆踊りは一味違います。本校の盆踊りは「下郷甚句」というもので、6年生全員が篠笛を奏で、5年生が交代で太鼓をたたき、1~4年生や会場に来られた保護者や地域の方々が一緒になり、みんなの心を一つにして踊るのです。

 この日は朝から運動会の練習が続き、気温も高く疲れ気味であった子どもたちでしたが、太鼓や笛、鐘の生演奏とリズムに、「よ~いとしょ」のかけ声も大きく、本物のお祭りのように楽しそうに練習に励んでいました。

 これからの学校教育は、学校や家庭、地域が連携し、開かれた教育活動を展開していくことが求められています。本校は、運動会へ向けた様々な取り組みを見ても、「下郷甚句」「よさこい」となど、地域の優れた人材を効果的に活用し、魅力ある活動を進めることができております。

 さらに、この「下郷甚句」は、もう一つ大切なことである、地域の歴史や伝統までも着実に伝承できているのではないかと思います。

0

運動会種目説明会 

 15日(水)放課後には、運動会の縁の下の力持ちとして活躍が期待される5・6年生へ向けた「種目説明会」がありました。

 「ぼくたち、私たちが運動会を成功させるんだ」という姿勢で、各競技・種目の先生の話を真剣に聞く子どもたちでした。説明会後は、準備物の確認をしたり応援合戦の練習をしたりと、実によく頑張っていました。

 間違いなく、いい運動会になるはずです。

0

運動会全体練習①

 15日(水)、来週25日(土)の運動会へ向けて、第1回全体練習が行われました。

 この日は、入場行進と開会式を中心に練習しました。全校生が一同に会した入場行進は、初めてながらも、運動会を成功させようという気持ちが、表情・態度・姿勢に見られ、とても格好がよかったです。

 体育主任の先生の話をよく聞いて、きびきびと行動する子どもたちが素敵に見えました。

0

正面に礼、よろしくお願いいたします!

 14日(火)、「郷人」の渡部様をお招きして、第2回目となる「よさこい(楢の葉ソーラン)踊りの練習を行いました。

 前回は4~6年生での練習でしたが、今回は全校生87名による全体練習でした。各学年、この日まで練習を重ねていたようで、最初の姿勢やあいさつから、このよさこいにかける一人一人の想いと緊張感が伝わってくるほどでした。

 最初の通し練習では、前回とは比べ物にならないほど動きや踊りが大きくなり、かけ声が校舎に反響するほどでした。この日は、もっと良くなるところを区切りながら御指導いただきました。的確かつ適切な指導により、動きや踊りがさらにダイナミックになり、見ていてとても格好がよいと感じるほどにまでなりました。一人一人がそれを実感し、次への自信につながったはずです。

  来週3回目は、法被とはちまきを身に付け、本番同様の全体練習を行います。当日まで気合いを入れてさらに練習を重ね、見ている方々に感動や勇気、元気を与えられる演舞が完成するに違いありません。

0

奉仕作業の御協力にカンシャ・かんしゃ・感謝 

 10日(金)、今年度最初の奉仕作業が行われました。

 今日の奉仕作業では、学校周辺の草刈り、側溝の泥上げ、そして花壇に咲いているパンジーの植えかえを行いました。早朝5時半からの作業でしたが、たくさんの保護者の皆様に御協力をいただきました。

 おかげ様で、校庭や学校周り、校舎内などが大変きれいになりました。

 みなさんの力が一つになったこの奉仕作業により、気持ちの良い環境の中で、笑顔あふれる毎日の教育活動を充実させることができます。ありがとうございました。

0

くらしを守る消防士 ・・・下郷出張所見学・・・ 

 本日8日(水)、4年生は、下郷出張所(消防署)の見学学習へ出かけていきました。

 なかなか見ることのできない施設の中の様子を見せてもらったり、救急車や消防車の中の様子を見せてもらったりしながら教えてもらったことを、たくさんメモする4年生でした。先日のカタクリや山桜、大欅の見学学習でも、教えてもらったことを聞き逃さずにノートにまとめるところはさすがと言ったところでした。

 また、南会津にある消防本部から、火事の通報がどのように入ってくるのかを説明してもらったり、実際に消防車や救急車の仕組みを見せてもらったりしました。他にも、消防署には緊急時にすぐに現場に駆けつけるための工夫や、ここぞという時に力を発揮できるように、日々訓練をしていることを見聞きしました。

 わくわくドキドキしながら、消防士の方の説明に聞き入る4年生の姿が素敵でした。

 1時間ちょっとの見学でしたが、実際に見たり聞いたり体験したりできたことで、子どもたちは、命を守る仕事の厳しさや大切さを実感することができたようでした。そして、私たち町民の命を守るために、消防署の方々がいつも一生懸命に訓練していることを肌で感じることができたようで、これからのまとめの学習がとても楽しみといったところです。

0

学校たんけん・・・かわいい記者さんの訪問・・・

 8日(水)、かわいい1年生の記者さんたちが、学校内を探検していました。

 先日は、2年生と一緒に学校内のいろいろな教室を案内してもらい、どんなところなのか教えてもらっていましたが、今日は自分たちで考えておいたメモをもとに、インタビュー活動も頑張っていました。

 職員室の先生方へインタビューにやってきた時は、緊張しながらも、「名前を教えてください。」「お仕事は何ですか?」「好きな食べ物は何ですか?」など質問し、答えてもらったことを、覚えたてのひらがなで一生懸命にメモする姿に、こちらも笑顔になり気持ちがほんわかしました。

 頑張って質問している様子は花マル、メモの取り方も花マル、職員室の出入りも花マル、担任の先生の話をしっかりと聞く姿勢も花マルでした。それに頑張って学習に取り組んでいる目がとっても素敵でした。一生懸命な姿は、感動を与え、人の心を温かくしてくれるものだと思います。この1年生一人一人の頑張る姿勢は、いつまでも大切にしたいところです。

 1年生4名が着実に成長している様子を再確認した時間でもありました。 

0

町たんけんへ出発! 

 運動会へ向けた練習で忙しい毎日ですが、学習の方もきちんと頑張っています。

 昨日8日(水)、3年生は社会科の学習で、学校周辺の町の様子を調べに出かけていきました。これは、町を探検しながら、建物やお店、橋、土地利用など、気が付いたことを白地図に記録し、今後の学習につなげていくための活動でした。

 覚えたばかりの地図記号や絵などで、周辺の様子が分かるように頑張ってまとめた白地図には、3年生一人一人の一生懸命さが表れていました。

0

心に響く演舞を目指して…よさこい練習始まる…

 大型連休明けの今日から、運動会へ向けた練習が本格的に始まりました。

 朝の会では、運動会の歌が各教室から響いてきます。朝の活動の時間には、よさこい練習をしたり運動会の係分担を決めたりと動き出しているところです。

 さて本校の運動会種目には、全校生で演舞を行う「よさこい(楢の葉ソーラン)」があります。「よさこい」と言いますと、各学校がいろいろな場面で発表しているところもありますが、本校のよさこいは、他校とは異なり、「特別なよさこい」と言える自慢の一つでもあります。

 この下郷町には、よさこい踊りの全国大会や東日本大会で連続上位入賞を重ねている「郷人」がありますが、本校の素敵なところは、その「郷人」代表でおられる渡部様に直接ご指導いただいている点です。この「よさこい」を通して、正しい踊り方はもちろん、踊りの力強さや集団演舞の美しさ、楽しさや礼儀、集団行動の大切さを学ぶ機会ともなっています。

 今日7日(火)は、第1回目のよさこい練習を行い、4~6年生53名の子どもたちに御指導をしていただきました。心に響く熱い指導に、子どもたちはすぐに夢中になり、あいさつやかけ声が大きくなり、短時間のうちに動きもダイナミックに変わっていきました。そして、この日の最後に通して練習した際には、一人一人の想いや魂が込められた気合いが伝わる素晴らしい演舞へと成長し、見入ってしまうほどでした。

 「郷人」代表の渡部様には、運動会当日まであと2回、御指導をいただきます。今回御指導いただいた「想いを伝える」を心に留め、大きな声で大きな動作で、本気になって演技し、見ている方々に感動を与えられる演舞を見せたいと思います。

 今日学習した成果を次へ生かし、練習を重ねていくことで、一人一人の想いがどこまで高まり、最高の演舞を創り上げ、どこまで人に感動を与えられるのか今から楽しみです。

0

校門前の木伐採 

 10連休初日、今週前半の天気で校庭の桜も満開を迎えようとしていた矢先、昨日からの雨で、桜の花びらが舞い散り始めています。

 本日27日、この連休中を利用し、校門前に鬱蒼としていた木の伐採及び剪定作業が行われています。またこの大型連休中に、校庭の整地作業も行われる予定です。

0

4年生の図画工作科の時間

 24日(水)、図工室では、4年生が作品づくりに取り組んでいました。

 ちょうどこの時は、1・2年生の学校探検・案内の時間でもありました。お兄さんやお姉さんたちが一生懸命に作品づくりに取り組む姿やその作品を見て、「上手だなぁ。」「すごいなぁ。」「かわいいなぁ。」などと、4年生のよさをつぶやいていました。

 学習に取り組むその姿から、そしてその作品から、下級生から憧れのまなざしを向けられる本校の4年生は、さすがだなぁと思います。

0

みんなで学校を歩こう!

 24日(水)、生活科の学習の時間、2年生のみなさんが1年生を連れて学校中を案内してくれていました。

 1年生と手をつないで、それぞれの教室がどういうところなのか、自分で考えてきた紹介メモを読んで説明している姿に、4月からのこの3週間でこんなにも頼もしいお兄さんやお姉さんになるんだなぁと感心させられました。案内してもらっている1年生も、とても笑顔で楽しそうでした。そんな1・2年生の姿を見て、心が温かくなりました。

 1・2年生一人一人が、学校探検・案内の学習に頑張っている学習に取り組んでいる目がとっても素敵でした。一生懸命な姿は、感動を与え、人の心を温かくしてくれるものだと思います。こういう頑張る姿勢は、本校の自慢の一つであり、いつまでも大切にしたいところです。

0

ふるさと下郷町の自然を調べたよ

 本校の4年生は、森林環境学習の一環として、総合の時間を活用し、下郷町の自然のよさについて学んでいます。

 22日(月)は、星周一先生を講師として招聘し、桑取火(くわとび)地区に群生する「かたくり」の観察や、これから多くの人でにぎわう戸赤の山桜、県指定天然記念物である八幡(中山)の大けやきを見学してきました。

 最初の見学地は、「かたくり」の里と称される桑取火地区の群生地でした。周一先生より、「かたくり」とは、ユリ科の植物で、花びらが下向きで、小さい赤紫っぽいかわいい花が咲くことを教えてもらいました。白い花が稀に咲くことや、7年かけて球根に栄養をためて8年目に花が咲くことなど教えてもらいました。他にも、「かたくり」の名前のとおり、球根は良質のデンプンを含み、片栗粉の材料になることも教えてもらいました。子どもたちは、たくさん教えてもらったことを熱心に学習カードにメモするなど、夢中になって活動していました。

 続いて戸赤へ移動しました。残念ながら、これから大型連休後半ぐらいが見どころということで、桜は咲いていませんでした。戸赤地区の人たちが、昔から守り続けてきた山一面に、山桜が点々と咲く頃は、すごくきれいだということを教えてもらいました。

 戸赤を後にした4年生は、中山にある八幡の大けやきへ行きました。近づくにつれて、けやきの巨大さが分かりました。話によると、樹齢は950年以上で、幹の太さは12mあまりで、高さも36m近くあるということでした。みんなで手をつないで比べてみて、いかに大きいかが分かりました。そして、けやきの樹形は、すごくいい形をしていて県内屈指で見事なものであることも教えてもらいました。

 最後に、大けやきと両方立ち寄ると長生きするという「長寿の水」があるところへ行きました。一口飲むと3年、2口飲むと10年長生きするとされる水を飲んできました。高倉山から湧き出る湧き水で、とても冷たかったです。

 この日は、下郷町の自然の魅力をたくさん発見し、たくさんのことを学ぶことができた素敵な学習となりました。子どもたちの感想からも、人々の生活と森林の植生や事前の素晴らしさ・豊かさを感じた発表がありました。

 今週末の27日(土)~28日(日)は、かたくり祭りが開催されるそうです。そして大型連休後半は、戸赤の山桜も満開になるということですので、ぜひ一度出かけてみたいものです。

 

0